Home > Technological Innovation

放電加工(EDM)

放電加工(EDM)は、放電加工(spark machining)、火花侵食(spark eroding)、焼き入れ、ダイシンク、ワイヤ焼付、またはワイヤエロージョンとも呼ばれることがあり、放電(火花)を利用して所望の形状を得る製造プロセスである。 ]材料は、誘電性液体によって分離され、電圧に曝される2つの電極間の一連の急速に繰り返される電流放電によって加工物から除去される。電極の1つは、ツール電極または単に「ツール」または「電極」と呼ばれ、他方は、ワークピース電極または「ワークピース」と呼ばれます。このプロセスは、ツールと実際の接触をしていないワークピースに依存します。

2つの電極の間の電圧が増加すると、電極間の容積内の電界の強度は誘電体の強度よりも大きくなり(少なくともいくつかの場所では)、破壊され、2つの電極間に電流が流れる。この現象は、コンデンサ(コンデンサ)のブレークダウンと同じです(ブレークダウン電圧も参照)。その結果、材料は電極から除去される。電流が停止すると(または、発電機のタイプに応じて停止する)、新しい液体誘電体が通常電極間の容積に運ばれ、固体粒子(破片)が持ち去られ、誘電体の絶縁特性が復元されました。電極間容積に新しい液体誘電体を加えることは、一般に「フラッシング」と呼ばれる。また、電流が流れた後、電極間の電位差が絶縁破壊前の状態に戻って、新しい液体絶縁破壊が起こり得る。

VIKLED INJECTION MOLDING

Contact: Edward Xie

Phone: +86 18898606708

Tel: +86 760 23127756

Email: sales01@vikledmolding.com

Add: No.92, ShengPing South Road, Suixi Industrial Zone, Nantou Town, Zhongshan City, Guangdong Province. 528427. China